1. トップ
  2. 含み損満点日記
  3. 2018年の取引
  4. 2018年1月31日の取引 ブロメとKDDIをデイトレ、KDDIファイナルナンピン!

2018年1月31日の取引 ブロメとKDDIをデイトレ、KDDIファイナルナンピン!

記 2018年1月31日
本日は子会社の不祥事が発覚したブロードメディアをデイトレ。ナンピンいれようかと思ったものの、想定した値動きではなかったのと、問題が落ち着くまでわざわざナンピンする必要もないと思ったので、デイトレのみ。

デイトレはびびってしまって、77円100株、78円100株を80円で利確。500円の利益。KDDIは後場に日経の下げに連動して崩れた際のリバウンドを取るデイトレ。2763円2000株を2765円1800株、2765.5円200株で利確。

4100円の利益。もう少し引っ張れば5円値幅は取れたのでしょうけど、なにしろ2000株で入っているので、利確も早くしてしまった。大きな額を動かすと冷静でいられなくなるわけだ。

そして、日経が引けにかけて大幅安になるという驚きの展開。単純に投げられたのか仕掛けなのか。何を恐れているのか。理由はなんにしろ、ファイナルナンピンしたKDDIは引けにかけて急落。

決算発表前の逃げというよりも、単純に日経に連動しただけなのでしょうけども、なんだかなあとため息が出る動き。決算ギャンブルはだいたい悪い結果になることが多いので、分が悪いからやっては駄目なのは確か。

ただ、直近高値から1万円ほど下げているのでナンピンポイントはココだ!と経験から判断し、決算発表前とはいえ思い切ってしまった。決算は増収増益で自社株買いも発表されたものの、明日の動きはわからない。

大きな力がどちらに動かしたいかが全て。中小型株のように増収増益がプラスの方向に行くとは限らないのが大型株の厄介な部分。現金余力がないのでもう後はプラスになるまで待つだけ。

含み損がいくら増えようが放置。ちなみに、KDDIのファイナルナンピン価格は2767円で2000株。果たして配当権利確定日までに平均取得単価より上なのか下なのか、未来のことは誰もわからない。
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
9405 朝日放送 700 100 +19000
8591 オリックス 1738 100 +29700
9831 ヤマダ電機 576 100 +7100
7445 ライトオン 1073 100 -13400
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -128500
3646 駅探 757.29 1700 +57307
4334 ユークス 633 100 +1300
4347 ブロードメディア 102 1000 -21000
9433 KDDI 2787.7 2700 -93690

スポンサーリンク

スポンサーリンク