1. トップ
  2. 含み損絶望日記
  3. 2019年の取引
  4. 2019年6月10日の取引 イトーヨーギョー大幅安!で涙の雨あられ、イトーキ428円売却でイライラ解消

2019年6月10日の取引 イトーヨーギョー大幅安!で涙の雨あられ、イトーキ428円売却でイライラ解消

スポンサーリンク

記:2019年6月10日
今日の日経平均は249.71円高の終値21134.42円。 ダウの上げを受けた日経平均大幅高も、売買代金をみたら盛り上がっていない。日本株は冷めてしまっているわけだ。

結局、売買代金の低調は何から来るのかと言えば先行き不透明が原因。持ち越しが大きなリスクと多くの投資家が認識しているので、長期の買いが入らない、デイトレばかり。

今日も多くの銘柄が上がっているけども、上げ幅は非常に小さく一部の銘柄が賑わっているのみ。売買代金が低調ということは、全面高でも資金が分散されて広く薄くしか上がらない。

さて、今日は持株のイトーヨーギョーが大幅安。前日はストップ高892円で今日は96円安の終値796円。ストップ高2連していたので、3日目はだいたい暴騰か暴落の二択。

その結果が今回は暴落でしたとさ。次にまた暴騰するのがいつになるかわからないけども、自身の買値を超えるまでまた長い旅路になることは間違いない。

今回のストップ高2連で200株部分利確したので、次にまた600円前半まで落ちてきたら200株ナンピンするつもり。たぶん、秋前にまた600円前半まで落ちるかもしれない。

そして、業績を伴わない急騰は全戻しするというのがセオリーなので、急騰後の動きはダラダラ下げて、高値掴み組がもうだめだーとぶん投げた所が大底になる。そこを狙います。

今日はイトーヨーギョーの大幅安にショックを受けて涙の雨あられだった以外に、前場9時25分頃にイトーキを428円で1000株利確。417円の買値だったので、税抜きで1万円は確保した。

本来、イトーキは450円以上に戻ると思ってリバ狙いで買っていたものの、弱くて弱くて何度心が折れかけたことか。今日も始まりは弱かったものの、急にグングンと上げてくれたおかげで利確できた。

そして自身が利確できるような上げが来たということは、近いうちに450円を突破するだろうと思う。ただ、相性の悪い銘柄を触るのはイライラして精神的に良くないので、手放すのが吉。

株式投資をしていると、銘柄ごとに相性の良し悪しがある。人間関係でもそうであるように、わざわざ相性の悪いやつと関わるとろくなことがない。相性の悪い銘柄とは二度と関わってはだめだ。


■保有銘柄動向■

・オリックス(目標株価1800円)
1547.5→1563

・ヤマダ電機(目標株価600円)
509→511

・カルナバイオ(目標株価1500円)
912→919

・日宣(目標株価2400円)
1320→1347

・イトーヨーギョー(目標株価1100円)
892→796

・ジャパンフーズ(目標株価1400円)
1190→1197

・不動テトラ(目標株価1780円)
1362→1365

・共立印刷(目標株価298円)
178→179
保有銘柄一覧(現物)
コード 銘柄 平均取得単価
(手数料含めず)
数量 評価損益
8591 オリックス 1699.56 1600 -218496
9831 ヤマダ電機 576 100 -6500
4572 カルナバイオ 1934.5 200 -203100
6543 日宣 1465.48 3100 -367288
5287 イトーヨーギョー 1034.5 1000 -238500
2599 ジャパンフーズ 1389 100 -19200
1813 不動テトラ 1672.89 1900 -584991
7838 共立印刷 204.8 100 -2580

スポンサーリンク

スポンサーリンク